SSブログ

「下にまいりま~す」の印相。 [気になるエトセトラ]

 数年前、デザイナーズマンションというのが大流行りしたことがある。どことは言わないが、目白第二文化村はずれの南斜面に、エンタシスの柱が林立するまるでラブホテルのような、壁が空色のデザイナーズマンションが建築され、近隣の超ヒンシュクをかったことがあった。(どこだか、モロにわかるじゃないか/爆!) 1,000mは離れている下落合界隈までウワサが聞こえてくるのだから、よっぽど悪評だったのだろう。放っとくと「ムウドンの丘」ならぬ、野暮で悪趣味な「チンドンの丘」になってしまいそうだ。
 写真のデザイナーズマンションも、ものすごい。なにしろ、サザイ(エ)の口のような入口からクネクネした通路を入っていくと、エレベーターと階段の前に、いきなり3mはあろうかと思われる巨大な手が出現する。地面か地下を指しているので、「下へまいりま~す」と言っているかのようだ。仏教の印相でいうと、釈迦の「触地印(伏魔印)」というやつで、「邪鬼調伏」「邪気退散」といったところだろうか。(正確には、印相の表裏が逆なのだが・・・) しつこい営業や押し売りがやってきたら、きっと釈迦の印相トラップにひっかかっていたたまれず、居心地が悪いことこの上ないのかもしれない。

 デザイナーズマンションも、ここまで徹底すると奇妙さを通りこして、なんとなく住んでみたい気にもなってくるから不思議だ。ステンドグラスとカラータイルのオンパレードで、外観はといえばガウディの現代版のような、曲線だらけの壁面が連なる。その昔、「不思議の国のアリス」絵本に登場した、キノコを食べて小さくなってしまったアリスが、マッドハッターのお茶会に招かれたときに見た、摩訶不思議な世界をなんとなく連想してしまう。(絵本のイラスト表現にもよりますが・・・)
 ムダのある住まい造りというのは、かなり重要なことなんじゃないかな?・・・と思うようになった。機能的で効率的で、あまりにカッチリしすぎたデザインやスペースだと、リラックスできずに息がつまりそうだ。日本家屋の「間」というのは、部屋という意味のほかに、どこか「ゆとり」や「休符」といったニュアンスが漂う。心をなごませるムダなスペース・・・、あるいは逆に、ムダを楽しめる心のゆとり・・・の関係は、はたしてわが家にあっただろうか?
 ただし、外壁をギリシャ神殿のようなエンタシスに囲まれ、壁を空色に塗られたマンションなどには、死んでも住みたくない。「ムダ」にだって、大いに美意識やセンス、風情とのバランスや洒落心が必要なのだと思う。

■写真:新宿区のデザイナーズマンションにて。


読んだ!(2)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

読んだ! 2

コメント 5

ディスクジョッキー

思い出した事がありました。
ちょうど、下の娘の保育園の
同じクラスにイラストレーターをしているお父さんを
持つ女の子がいました。
今は、下落合にいるようです。
その人の名前は佐藤三千彦さんで
HPはhttp://www.tosho-sekkei.gr.jp/kaiin-list/w_stom.html
です。ここにその佐藤三千彦さんの写真が掲載されて
詳しいHPはhttp://www.michihico.com/ です。
by ディスクジョッキー (2005-09-27 16:12) 

ChinchikoPapa

とても洒落たWebサイトで、ページをめくるのが楽しいですね。さすが、イラストレーターの作られるサイトは違います。いろいろなことに興味がおありのようで、能・狂言から山頭火がらみの日記までと、拝見していて飽きません。
わたしも、ああいうサイトを自分で作りたいと思うのですが、なかなか勉強している時間がとれなくて・・・。あと、文章が多いと、きれいなサイトは絶対できない・・・というのが、最近わかりました。(爆!)
by ChinchikoPapa (2005-09-27 16:58) 

りびけん

久し振りにチンチコ・マラソン中のりびけんです。今日はドラード早稲田を拝見してあまりのなつかしさについコメントなど。
件のマンションは20年くらい前に竣工して、建設中は「早大正門にラブホかよ」って学生の間で期待がもとい噂が飛び交っておりましたが、できてみたらマンションで、1階のコピー屋さんにはお世話になっておりました。
設計施工の梵寿綱さんは地下にアトリエをお持ちで、何度か遊びにいかせていただきました。件の「手」のあたりは響きがよくて、僕はたまにハーモニカを吹いていたりしました。こんどまた覗いてみようと思います、ありがとうございました。
http://blog6.fc2.com/reviken/
by りびけん (2006-05-16 20:36) 

ChinchikoPapa

りびけんさん、チンチコ・マラソンありがとうございます。なかなか、カタカナで書いてくださる方が少なくて、相変わらず「変っ!」と言われつづけています。
昔は、1階にはコピー屋さんが入っていたのですね。いまは美容院になっているようですが・・・。早大正門前、大隈講堂の斜向かいにラブホというのも、なかなか、早稲田ならではの風情があっていいかもしれません。(笑)

>僕はたまにハーモニカを吹いていたりしました。

それほど響きがよいのでしたら、では、わたしはハーモニカではなく、ペットを鳴らしにお邪魔してみましょう。(爆!) また、ぜひマラソンをされがてら、早稲田界隈のレポートをお願いいたします。
by ChinchikoPapa (2006-05-18 15:33) 

ChinchikoPapa

わたしもすっかり忘れていた^^;記事にまで、nice!をありがとうございました。>suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2012-11-19 10:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました