SSブログ

高田町の全工場・事業所調査1925年。 [気になる神田川]

東京パン看板.JPG
 前回、自由学園高等科の女学生たちが実施した社会調査レポート『我が住む町』Click!から、1925年(大正14)2月の時点で高田町(現在のほぼ目白・雑司が谷・高田・西池袋・南池袋地域)に存在していた、すべての商店について記事Click!にしたが、今回は同町で操業していたすべての工場や事業所についてご紹介してみたい。
 実は、自由学園の女学生たちは1923年(大正12)の関東大震災Click!の直後から、ボランティアで被災者の家庭や避難者に牛乳を配給したり、「フトンデー」といって被災者に寝具を配布したりして、高田町ではかなり知られた学校だった。だから、翌々年の1925年(大正14)に全町調査をした際も、親切にしてくれる家庭は多かったようだ。たとえば、工場街を調査した女学生は、こんなことを書いている。
  
 地面は大変広い所でしたが、大きな工場が沢山あつて家数は少うございました。随分ひどい家に住んで居る方が多うございました。焼け跡のトタンの焼けたのを集めて住んで居る人もありました。屋根に頭のとゞく様な低い暗いきたない小さな家に住んで居る人もありました。表は茶めし屋で裏に行つて見るとまあ何と言つたらばいゝのでせう、其のきたない事と言つたらばこんな家の茶めしなどを食べたら大変です。戸を開けるとブーンと臭い香がして来て気持悪くなつた事も度々ありました。けれども一番嬉しかつたのは、皆さんがよく親切に教へて下さつた事でした。そしてもつともつとこの町をよくして下さいと言つて下さいました。
  
 全戸訪問のレポートを読むと、彼女たちは大きな屋敷に住む住民よりも、中小の家々に住んでいた住民たちから親切にされたケースが多いようだ。
 さて、同年に高田町で操業していた製造業や工場の様子を見てみよう。
被服生活品製造業.jpg
 江戸友禅や小紋、藍染めなど染色業Click!にかかわる事業所が目立つが、これらは旧・神田上水(1966年より神田川)沿いのエリアが多いのだろう。「ねりぬき屋」は、絹織物を製造する事業だが、それに図柄をほどこす「刺繍屋」も3軒記録されている。
 ほとんどが和服に関する工房だが、かんざしや笄を製造する「錺屋」が8軒も営業をつづけている。いまの若い子は知らないだろうが、下駄は使っているうちに歯が地面に擦れて減っていくので、それを入れ替える「下駄歯入れ屋」も9軒が営業していた。傘は、修理の専門工房があったようで「傘直し屋」が3軒、当時の靴下はメリヤス編みで高価だったせいか、穴の開いたものを直す「靴下かがり屋」が営業しているのも面白い。
 つづいて、家内制手工業的な工房ではなく、規模の大きな工場を見てみよう。
製造工場.jpg
 この中で、「製パン工場」が1軒とあるのは、山手線と武蔵野鉄道(現・西武池袋線)が交差するあたり、高田町雑司ヶ谷池谷戸浅井原838~843番地に建設された、東京でも最大規模の東京パン工場Click!のことだ。大正の当時、東京西部に点在していたパン屋や喫茶店では、その多くが東京パンの製品を仕入れ販売していた。画家たちが、デッサンで木炭消しに使っていたのも東京パン製が多い。
 旧・神田上水沿いには、大正期に入ると「製薬工場」(4軒)や医療衛生品工場(5軒)、印刷工場(3軒)などが急増している。これらの工場は(染織工場もそうだが)、より下流の江戸川Click!(大洗堰Click!舩河原橋Click!)や神田川(千代田城外濠~柳橋Click!)沿いから、水のきれいな上流へと移転してきたものだ。
高田工業地帯1936.jpg
神田川沿い工業地帯1937.jpg
 つづいて、住宅や建築に関連する事業所を見てみよう。
住宅関連業.jpg
 1925年(大正14)の時点では、いまだ西洋館よりも日本家屋の建築に関する職業が多いようだ。ただし、手先が器用な指物師や表具師は、洋館向けの家具や調度でも、見よう見まねでこしらえてしまったにちがいない。「やすり屋」(3軒)や「鋸めたて屋」(2軒)は、おもに大工道具や工作道具のメンテナンスを行う作業場だったのだろう。
 「ポンプ屋」が6軒記録されているが、これは井戸から水を汲みあげる上水ポンプClick!の設置を手がけていたとみられる。また、変わったところでは「煙突屋」が1軒採取されているが、銭湯や工場の煙突建設や保守を請け負った会社なのだろう。
 次に高田町に散在していた、さまざまな事業所を見てみよう。
その他事業.jpg
 籐椅子など藤製の家具やバスケット、雑貨を制作する「藤細工屋」が6軒も開業していた。「貝細工屋」は、貝の螺鈿(らでん)などを用いて茶箪笥の扉や文箱、硯箱、棗(なつめ)などに装飾をほどこす工房だ。また、「鍛冶屋」が43軒も開業していたのが驚きだ。刃物や大工道具など、新興住宅地らしく工作用の道具のニーズが高かったのかもしれない。あるいは、昔ながらの農具を製造した農村時代の名残り(いわゆる「野鍛冶」)が、そのままつづいていたものだろうか。
 一方で、江戸時代とまったく変わらない職業も継続していた。「桶屋」の16軒をはじめ、「樽屋」が5軒、「提灯屋」が3軒、「水引元結屋」が4軒、「蝋燭屋」が1軒などだ。もっとも、「桶屋」は住宅の風呂や銭湯での需要があり、「樽屋」は漬け物屋や造り酒屋などで、「提灯屋」は寺社の縁日や祭礼で、「蝋燭屋」は寺社や家々の仏壇でそれぞれ変わらぬニーズがあったのだろう。
 いまでも、このあたりで見かけるのは、活版ではなくオフセットか大型プリンタになった「印刷屋」に「印版屋」(ハンコ屋)、いまでは出力サービス店や文房具店に吸収されてしまった「紙札屋」(名刺屋)、そして「らを屋」だろうか。「らを屋」(ラオ屋)は、煙管(きせる)の羅宇のヤニ取りや、雁首・吸口の修繕をする仕事だが、たまに下落合にある目白通り沿いの刀剣店「飯田高遠堂」さんの前へ、小型トラックでやってきてはピーーッという高圧蒸気の音を響かせている。最近は、パイプの清浄などもしているようで、それなりに需要があるのだろう。
松本竣介「工場(池袋)」1944頃.jpg
松本竣介「工場(池袋)」スケッチ1944頃.jpg
 最後に、以上の業種には含まれない、専門業務の施設を見てみよう。
専門業種.jpg
 まず、このあたりに病院・医院と床屋が多いのは昔もいまも変わらない。特に落合地域の歯科医院Click!は、下落合の第二文化村Click!島峰徹Click!が住んでいたからかどうかは知らないが、50~100mおきぐらいに開業している。33戸で1店の菓子屋を支える、大正末の高田町のような状況だが、ちゃんとマーケティングをしてから開業しないので、数年で閉院する歯科医も少なくない。
 当時の住宅は、風呂場がないのが通常なので、「浴場業」(銭湯)の21軒は決して多い数ではない。男性の「理髪店」は51軒だが、女性の「美容術屋」Click!(美容院)が高田町でたった1軒しか開業していない。そのぶん、日本髪を結う昔ながらの「髪結い」業が31軒も残っている。高田町の女性たちは、洋風の生活をしようとすると髪を切りに、あるいは電髪(パーマ)をかけに1軒だけしかなかった美容院へ出かけるか、あるいは自分で鏡を見ながらカットしていたのかもしれない。自由学園の女学生たちは洋装だが、髪は自分で切るか親に切ってもらっていたのだろう。
 昭和も近い1925年(大正14)の高田町だが、規模の大きな工場や企業が進出してくる一方で、江戸期とまったく変わらない商品を製造しつづけている小規模な事業所や工房が、ずいぶん残っていたのがわかる。住民の生活も、昔ながらの和様式のものと、文化住宅の洋風な暮らしとが混在しているのが、さまざまな事業所や商店の記録から読みとれる。
高田村誌1917広告1.jpg
高田村誌1917広告2.jpg
高田村誌1917広告3.jpg
 さて、自由学園の女学生たちが訪れても、なんの事業をしているのかがわからなかった「不明」の事業所が12軒ある。彼女たちは何度か足を向けているようだが、事業所内には誰もおらず、業種や業務内容が不明だったところだ。たまたま長期不在で留守だったか、よそに移転して空き家だったか、あるいは廃業した事務所だったのかもしれない。

◆写真上:空襲で焼けなかったエリアでは、いまでも残る「東京パン」の商店看板。
◆写真中上は、1936年(昭和11)の空中写真にみる旧・神田上水沿いの工場。は、1937年(昭和12)に撮影された目白崖線(遠景の丘)下に拡がる工業地域。
◆写真中下は、戦時中の1944年(昭和19)ごろ制作の池袋に建っていた工場を描いた松本竣介Click!『工場(池袋)』。は、同作の鉛筆スケッチ。
◆写真下:1919年(大正8)に出版された『高田村誌』(高田村誌編纂所)巻末に収録の、各種工場や医院などの広告群(一部)。多種多様な工場や事業所、企業が広告を出稿しており、現在では大正期の高田町を知るうえでは願ってもない資料だ。

読んだ!(20)  コメント(23) 

読んだ! 20

コメント 23

ChinchikoPapa

きょうあたり、満開を迎えたソメイヨシノも多いでしょうね。「サクラ伐るバカ、梅伐らぬバカ」という喩えがありますけれど、サクラの枝払いをやってしまったお宅があって、今年はちょっとみすぼらしくなっています。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 15:24) 

ChinchikoPapa

わたしは腱鞘炎ぎみなのですが、指をいくら電動マッサージ機でもみほぐししてもよくならないのですね。w 今度から、手首のマッサージに変更してみます。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ピストンさん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 15:29) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>鉄腕原子さん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 15:30) 

ChinchikoPapa

うちでは、もちろん洗濯物は室内干しです。できるだけ陽の当たる窓辺か、エアコンの下に置くようにしています。窓を開けてしまうと、花粉がいっせいに流れこんできますので、外干しと変わらなくなってしまいます。風通しよりは、遮蔽を優先する引きこもり干しですね。w「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyokiyoさん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 15:35) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ありささん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 15:35) 

ChinchikoPapa

打ち合わせを、ビデオ会議ですることが多くなりました。あとは、ほとんどチャットに近いメールのやり取りですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>yu-papaさん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 15:39) 

ChinchikoPapa

貸付資金から補填利子まで含めて30兆円というのは、日本の産業や市場のキャパシティを見誤っているとしか思えないですね。消費税を10%にして、ちょうど消費が大きく落ちこんでいるときにこの騒ぎですから、他の国に比べて日本は「マイナスからの対策」をしなければならないはずですが、政府にその危機感が希薄なようです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>サボテンさん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 15:45) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>@ミックさん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 15:46) 

ChinchikoPapa

うちは花粉症の家族が多いせいか、昨年からのマスクのストックがあってかなり助かっています。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>クッキーさん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 15:47) 

ChinchikoPapa

三ツ矢歌子というと、透明でシュワシュワの三ツ矢サイダーを思い浮かべます。子どものころ、同製品のイメージキャラクターでCMに出演されていたものでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 16:17) 

ChinchikoPapa

ワイナリーを巡ってではなく、このところ「蔵元を訪ねて」の日本酒サイトのようになっているのが楽しいですね。w 「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 20:04) 

ChinchikoPapa

また東北の地酒情報を、楽しみにしています。ただし、北国で写真のような風に襲われたら、寒いではなく「痛い」ですよ。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 22:15) 

ChinchikoPapa

武蔵野市界隈に千川上水が暗渠化されず、並木もセットで残っているのは嬉しいですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>suzuran6さん
by ChinchikoPapa (2020-03-24 23:38) 

Marigreen

Papaさんの言った通りでした。生活に密着した記事なのでとても面白く読みました。とともにどうして私は国レベルの大きな問題に共鳴できないのか?自分が欠陥人間のようで劣等感に苛まされました。
by Marigreen (2020-03-25 07:36) 

ChinchikoPapa

Marigreenさん、コメントをありがとうございます。
「選挙」や「税金」が、どこまで身近な課題としてとらえているか?……という、問題意識の強弱にもよりますね。せっかく自分で稼いだカネを、有無をいわさず巻き上げていくのが国家や各自治体の税金なわけですが(チープガバメントはさんざんいわれていますが、政府はカネ食い虫のように肥大化をつづけています)、少なくともそれが適正に使われているかどうかを監視する義務が国民にはあります。それがメチャクチャな使われ方をしていたら、わたしの場合は腹を立てるのが当りまえです。
by ChinchikoPapa (2020-03-25 10:27) 

ChinchikoPapa

川辺や斜面は陽当たりがよいせいか、サクラの満開が早いですね。この週末まで、なんとか持つでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2020-03-25 10:29) 

ChinchikoPapa

当初の雪渓の名残りから、艦尾の舷側に砲が見えますね。
「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ずん♪さん
by ChinchikoPapa (2020-03-25 17:58) 

NO14Ruggerman

素晴らしい内容ですね。
ひとつひとつの商売が大変興味深いです。
これほどにも意味不明な職業が存在していたのかと感慨深いです。
100年前にタイムスリップしたような面持ちとなりました。
続編を楽しみにしています。
by NO14Ruggerman (2020-03-25 20:12) 

ChinchikoPapa

NO14Ruggermanさん、コメントをありがとうございます。
わたしも、その「タイムスリップ」感に魅了されて、自由学園の『我が住む町』へのめりこんでしまいました。これから彼女たちの調査結果や分析、商店別のインタビューなどをシリーズで紹介したいと思いますので、より100年前の目白界隈の情景がリアルに浮かび上がってくると思います。
by ChinchikoPapa (2020-03-25 23:00) 

ChinchikoPapa

EVのバッテリ交換は目の玉が飛び出るほど高価ですが、携帯ノートPCのバッテリ価格ももう少しこなれないものでしょうか。PCの場合は、交換が必要なアクセサリのランニングコストで稼いでいるような気配を感じますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>芝浦鉄親父さん
by ChinchikoPapa (2020-03-25 23:09) 

ChinchikoPapa

今年はソメイヨシノが早めに咲いているせいか、いろいろな種類のサクラが同時に見られますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2020-03-26 10:23) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>takaさん
by ChinchikoPapa (2020-03-26 21:59) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kazgさん
by ChinchikoPapa (2020-03-27 13:26) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。