SSブログ

大谷石が集積された宅地造成工事現場。 [気になる下落合]

佐伯祐三「目白の風景」.jpg
 2021年度にオープンを予定している大阪中之島美術館へ収蔵予定の作品に、佐伯祐三Click!「下落合風景」シリーズClick!の1作で水彩画の『目白の風景』があるのを、pinkichさんよりご教示いただいた。欧州滞在中の作品Click!ならともかく、佐伯の水彩画はめずらしいのでさっそく取り上げてみたい。
 この水彩画面の描画ポイントは、すでにこちらでも油彩のタブローでご紹介している『下落合風景』Click!と同一の場所だ。油彩の『下落合風景』(652×800mm/25号キャンバス)は、1979年(昭和54)に朝日新聞社から出版された『佐伯祐三全画集』にモノクロ写真で収録されている。油彩の同画面は、左手の街道筋まで入れたより広い画角で描かれているが、水彩の『目白の風景』は佐伯の“望遠”視点で、その中央部にあたる位置を拡大して描いている。さっそく、描かれているモチーフを見ていこう。
 まず、どんよりとした曇り空でわかりにくいが、建物の陰影が左側に多くみられるので、左手ないしは左手背後が北側の可能性が高い。枯れ草の様子から、季節は晩秋か初冬に近い季節で、煙突の煙は北風で南側へ流されているのだろう。水彩『目白の風景』だけでは、旧・神田上水(1966年より神田川)沿いに見られた工場街か……と、下落合のどこを描いたのか迷ったかもしれないが、より視点を引いたタブローの『下落合風景』が存在するので、描画ポイントの特定はかなり容易だった。
 左手に見えている、白い煙(薪材を燃やしているとみられる煙色だ)を吐き出している煙突は、中ノ道Click!(下ノ道=中井通り=新井薬師道)沿いに開業している銭湯「草津温泉」Click!だ。手前は耕地整理が終わり、宅地造成がスタートした工事中の住宅と商店の敷地で、原っぱには縁石あるいは築垣に用いる大谷石の切り石が、すでに到着して集積されている。油彩のモノクロ『下落合風景』ではわかりにくかったが、水彩『目白の風景』でハッキリと大谷石の石積み表現だったのがわかる。この大谷石の集積は、大正後期の目白文化村Click!ではお馴染みの光景Click!だった。
 描かれている道筋は、画面の右手から左手へ人が2~3人ほど歩いているのが、妙正寺川に架かる寺斉橋Click!筋の道で、やがて中ノ道(現・中井通り)へとT字状に合流する。右にそのまま50mほど歩けば、寺斉橋に差しかかるはずだ。また、大谷石の石積みの右手からクネクネとつづいている道は、宅地開発とともに直線化されて、1933年(昭和8)ごろまで存在が確認できる小道(おそらく私道)だ。この小道は、1935年(昭和10)作成の「落合町市街図」では採取されずに消滅しており、1930年代前半のうちには廃止され住宅街の下になってしまったのだろう。
 話が前後するが、先ほど水彩『目白の風景』の左手に描かれた白い排煙の煙突を銭湯「草津温泉」(現・ゆ~ザ・中井)と規定したのは、すでにご紹介している油彩の『下落合風景』の描画ポイントを特定する際、落合地域にある銭湯を総ざらえした結果をベースにしている。1926年(大正15)に作成された「下落合事情明細図」、1929年(昭和4)に作成された「落合町全図」、そして念のために1935年(昭和10)に作成された「落合町市街図」も参照して、佐伯祐三が「下落合風景」シリーズを制作していた時期に、開業していた可能性があるとみられる銭湯は、総数で19軒あることがわかった。
佐伯祐三「下落合風景」1926.jpg
草津温泉煙突(目白の風景).jpg
草津温泉煙突(下落合風景).jpg
 その内わけは下落合が7軒、上落合が8軒、さらに葛ヶ谷(のち西落合)が4軒だった。そして、その銭湯の多くが目白通り沿い、また雑司ヶ谷道-中ノ道(新井薬師道)沿い、あるいは上落合の南端にあたる早稲田通り沿いで開業していた。
 それら銭湯の開業場所と、油彩『下落合風景』(全画集収録作品)に描かれている地形や道筋の形状、方角、建物の配置、煙突の数などすべてを総合して判断すると、それに合致する銭湯が下落合1866番地で開業していた「草津温泉」(現・ゆ~ザ・中井)の1ヶ所しかなかった……ということだ。そして、画面の右手に見えている細い煙突は下落合市場Click!の焼却炉に備えられた煙突か、あるいは煙管が細い描写なので遠景だと解釈すると、上落合436番地にあった銭湯(現・梅の湯)の煙突が目につき、佐伯は画面に入れて描いているのかもしれない。
 描かれている建物群は、寺斉橋筋の道のもう1本向こう側(東側)の道筋(南北道)沿いにならぶ建物群で、油彩の『下落合風景』では描かれているが、水彩『目白の風景』では省略されているように見える、右側の細い煙突下の建物(あるいは線路の敷設で解体?)か、ないしは水彩『目白の風景』の右端でトタン屋根の白いテカリとみられる建物のどちらかが下落合市場、つづいて左手のやはりトタン屋根とみられる白く反射する屋根の家が漆器店「塗物マル長」、つづいて左手の横長の建物が鈴木邸……という配置だろうか。
 油彩『下落合風景』では、これら建物前の空き地には木柵が設置されていたのだが、水彩『目白の風景』では赤土がむき出しの空き地に、手前と同じような大谷石の切り石が集積されているようにも見える。換言すれば、油彩『下落合風景』と水彩『目白の風景』は同時に描かれたのではなく、どんよりとした曇り空は共通でも、数日ないしは数週間のタイムラグがある可能性が高い。
 工事の進捗から想定すると、木柵をめぐらした油彩『下落合風景』が草刈りや整地の前の様子で、整地を終え赤土の地面に大谷石の集積と思われるフォルムが見える水彩『目白の風景』が、それ以降の作品のように思える。佐伯は、一度油彩の25号でタブロー『下落合風景』を仕上げたあと、同作の風景が気になって再びスケッチブックを手に現地を訪れ、改めて水彩で写生しているのではないだろうか。
第一文化村1924.jpg
大谷石集積(目白の風景).jpg
大谷石集積(下落合風景).jpg
 さて、下落合や上落合にお住まいの方、あるいは拙サイトを読んでこられた方なら、あちこちに縁石や築垣用の大谷石が集積され、なぜ宅地造成が急速に進んでいるエリアなのか、もうすでにおわかりのはずだ。佐伯祐三がこの風景を描いたとみられる1926年(大正15)の晩秋から初冬、右手へ歩くとぶつかる妙正寺川に架かる寺斉橋の手前で、井荻駅付近からスタートして初代・下落合駅Click!(氷川明神前駅)までつづく、鉄道連隊Click!による西武線の線路敷設の演習工事Click!が行われていたからだ。
その後、鉄道連隊が軌道敷設工事の本部にしていた家の方の証言から、同連隊は山手線の西側土手下の仮駅設置位置まで軌道を敷設していたことが判明Click!している。
 油彩『下落合風景』の街道が描かれた左手枠外には、目白崖線がつづく下落合の丘が連なっており、佐伯はちょうど蘭塔坂(二ノ坂)Click!の下あたりにイーゼルをすえ、ほぼ東を向いて仕事をしていることになる。つまり、この風景のエリアは翌年の4月に設置される西武線・中井駅Click!の駅前となることが少し前から判明しており、宅地造成あるいは店舗建設が急ピッチで進められていたのだ。
 描画ポイントをこのように特定してみると、水彩『目白の風景』のタイトルがいかにピント外れかが、おわかりいただけるだろう。このタイトルは、水彩『目白の風景』の画面裏に記されていたものだろうか? わたしにはそうは思えないのだが、ほかの「下落合風景」シリーズの画面と同様に、展示会の際などに作品を差別化するためにつけられた、あと追いのタイトルではないだろうか。あるいは、大阪の山本發次郎コレクションClick!にちなみ、「下落合風景」を最寄りの山手線の駅名に引きずられて、つい「目白風景」と呼んでしまう“慣例”に倣ったものだろうか。
 佐伯祐三が大阪で描いた、「中之島風景」の1作である『肥後橋風景』Click!(1926年)のことを、おそらく地元の大阪の方はいちばん近くのJR東西線の駅名からとって、「北新地風景」などとは決して呼ばないだろう。(北新地駅から肥後橋までは南へ約600mほど離れている) 同様に、JR山手線の目白駅Click!から西南西に2kmも離れたところにある下落合1866番地界隈の風景を、地元では誰も『目白の風景』などとは呼ばない。強いて駅名にこだわるのなら、佐伯が同作を描いていたときに軌道(レール)の敷設が急速に進み、およそ4~5ヶ月後の1927年(昭和2)4月16日に開業することになる、西武線・中井駅にちなんだ『中井の風景』ということになるだろうか。
 あるいは、現場とはまったく一致していない見当はずれな地名をタイトル化するのであれば、むしろ『洗濯物のある風景』Click!とか『散歩道』Click!『テニス』Click!『セメントの坪(ヘイ)』Click!などのように描かれているモチーフをタイトルに含めて表現するのが適切だろう。そのタイトル例を踏襲するなら、水彩『目白の風景』はさしづめ『石積みのある風景』、『切り石(大谷石)のある風景』、『銭湯の煙突がある風景』、『住宅造成地の風景』、あるいは『坪(ヘイ)にする大谷石のある風景』w……あたりだろうか。
中井駅1926.jpg
中井駅1929.jpg
中井駅1936.jpg
梅の湯旧煙突.JPG
 1926年(大正15)の秋現在、目白駅の周辺はこれほど鄙びてはおらず、すでにコンクリート建築の銀行や商店が並んだ“街”なので、目白(豊島区/文京区)が地元の方々から「なんだこりゃ、このタイトルは?」という、半ばあきれ半ばお怒りの感情も考慮するとすればw、あまりのピント外れに、ちょっと再考していただきたい課題だろう。佐伯が好んで描くのは、下落合(新宿区)の街外れかことさら工事中・造成中の現場が多い。でも、描かれているのは確かに下落合なので、『下落合の風景』でいいのかもしれない。

◆写真上:1926年(大正15)の晩秋から初冬にかけて制作されたとみられる、銭湯「草津温泉」の煙突が見える佐伯祐三の水彩『目白の風景』。
◆写真中上は、先に描かれたと思われる佐伯祐三の油彩『下落合風景』(25号)。は、水彩『目白の風景』に描かれた銭湯「草津温泉」の煙突の拡大。は、油彩『下落合風景』に描かれた同煙突のクローズアップ。
◆写真中下は、1923年(大正12)6月に撮影された第一文化村の前谷戸埋立地。新たな造成地の縁石や共同溝、築垣などに用いられる大谷石の切り石が大量に集積されている。は、水彩『目白の風景』に描かれた大谷石の集積部分の拡大。は、油彩『下落合風景』に描かれた大谷石のクローズアップ。
◆写真下は、1926年(大正15)作成の「下落合事情明細図」にみる描画ポイント。(油彩『下落合風景』の視点で) 中井駅はなく、工事中の線路が描かれている。中上は、1926年(昭和4)作成の「落合町全図」にみる同所。画面に描かれた私道とみられるクネクネ道が、すでに直線化され地番がふられている。中下は、1936年(昭和11)の空中写真にみる中井駅前の様子。以前に規定した描画ポイントよりも、もう少し南の位置から描いたのかもしれない。銭湯「草津温泉」の煙突から、白煙が立ちのぼっているのがとらえられている。は、上落合436番地の「梅の湯」(大正末の銭湯名は不明)の高い煙突。写真はリニューアルされる前の古い煙突で、ひょっとすると戦前からのものかもしれない。

読んだ!(22)  コメント(31) 
共通テーマ:地域

読んだ! 22

コメント 31

ChinchikoPapa

C.ヘイデンの当該アルバムは、最近よくターンテーブルに載せますね。原稿書きや仕事の境目に流れる、気分転換のアルバムにはピッタリのようです。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>xml_xslさん
by ChinchikoPapa (2020-06-22 13:05) 

ChinchikoPapa

きょうは打ち合わせで外出したのですが、昼どきなのに地下鉄も飲食店もガラガラでした。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyoさん
by ChinchikoPapa (2020-06-22 13:07) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>鉄腕原子さん
by ChinchikoPapa (2020-06-22 13:08) 

ChinchikoPapa

年末まで審議しても、片づくかどうかわからない課題が山積しているのに、どういう意識をしているのでしょう。あとは、すべて地方自治体と電通に丸投げで、知らぬ顔の半兵衛を決めこむつもりでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kiyokiyoさん
by ChinchikoPapa (2020-06-22 13:10) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>@ミックさん
by ChinchikoPapa (2020-06-22 13:11) 

ChinchikoPapa

わたしは屈折しててちょいワルな、とても大学生には見えない「青大将」のファンでしたので、子どもながら「若大将」にはキザでイヤミ臭を感じていました。ちょっと、ひねくれた子どもだったかもしれません。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>いっぷくさん
by ChinchikoPapa (2020-06-22 15:29) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ありささん
by ChinchikoPapa (2020-06-22 15:30) 

pinkich

papaさん いつも楽しみに拝見しております。描画ポイントを看破するだけでも凄いなと思うのですが、描かれたものの特定までするとは凄いですね。大阪の学芸員の方にも、描画ポイントを正確に踏まえた画題を付けてほしいですね。下落合だけど目白文化村とネーミングされたのが事態をややこしくしているのでしょうか。
by pinkich (2020-06-22 18:52) 

ChinchikoPapa

pinkichさん、コメントをありがとうございます。
おそらく、落合地域のことを16年も調べ取材に歩きまわっていれば、どなたでも各時代の風景がレイヤ構造でアタマの中に浮かび、各種地図の情報や空中写真の実景とともに、刻みこまれるのではないかと思います。
戦前のマスコミや地元の資料を見てますと、「下落合文化村」と表現されるほうがむしろ多いような気がするのですが、それは「目白文化村」のみを指すワードではなく、下落合に拡がる大正期に拓かれたモダンな住宅街全体(目白文化村含む)を指してそう呼んでいることが多いですね。
佐伯祐三について書かれた資料に、おそらく山手線の「目白」に引きずられて地域を表現したものが多かったせいか、地元では独特な語感を備えた「下落合」という地名が、東京以外の方にはわからないせいもあるのかもしれません。少なくとも、江戸期から下落合に住まわれている家系の方々は、「ここは下落合で目白なんかじゃない。目白は線路のずーーーっと向こう」と思っておられます。w
by ChinchikoPapa (2020-06-22 19:37) 

ChinchikoPapa

パワポはプレゼンテーションはもちろん講演会やセミナー、eラーニングなど、1+nの講義環境ではとても便利ですね。資料づくりでもたいへん重宝するのですが、動画を貼りつけると容量が重くなり、現在のネット環境では送りにくいのが難です。Office365や5Gの環境が普及すると、またちがった使用感にはなると思うのですが。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>サボテンさん
by ChinchikoPapa (2020-06-22 20:31) 

pinkich

papaさん ありがとうございます。目白と落合の違いは、大阪の方にはわかりにくいでしょうね。そう言う私も関西出身で、落合地域にようやく10年以上住み、papaさん の記事を勉強させていただいて、落合地域の濃厚な歴史を知り、はじめて「目白風景」ではなく「下落合風景」なんだがなあと思うわけです。一般には、目白の方がネームバリューがあるのでしょうか、落合地域も上落合、中井、下落合に分断されなければ、まとまりがあったのかも知れませね。上落合と下落合は仕方がないとして、落合を冠しない中井って何と思ってしまう今日この頃です。
by pinkich (2020-06-22 21:56) 

ChinchikoPapa

pinkichさん、重ねてコメントをありがとうございます。
もともと、室町末期か江戸最初期に足利から勧請された、目白坂の「目白不動尊」のある新長谷寺への観光や散策を意識した、山手線の駅名だったというのをうかがったことがあります。だから、通称「高田駅」と呼ばれたと徳川義親がいうのも、あながち不自然ではないですし、隣りの駅が高田馬場駅とされたのもうなずけますね。ただし、高田馬場駅は地元の戸塚町で納得されず、「たかだ」と濁り、幕府の高田馬場(たかたのばば)とは無関係な架空の駅になってしまいましたが。
わたしも、「中井」には非常に違和感があります。もともと下落合にお住いの方々は、「中落合」も含めていまでも少なからず違和感をお持ちでしょうね。
by ChinchikoPapa (2020-06-22 22:21) 

ChinchikoPapa

飲む前、事前にあれこれ風味を想像してから飲むのもまた、楽しいひとときですね。酒ではないのですが、きょう生まれて初めてアフリカのケニヤコーヒーをいただきましたが、色がローストされたコーヒーのように真っ黒で、当然「苦味」を想像してたのですが、予想は大ハズレでした。まるで柑橘系の飲み物のように、過去に飲んだコーヒーのどれよりも酸っぱかったんですね。ここまで予想が外れると、かえって新鮮な風味に感じます。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>skekhtehuacsoさん
by ChinchikoPapa (2020-06-22 22:31) 

ChinchikoPapa

きのうは飯田橋で打ち合わせをしたのですが、昼すぎなのにシャッターが下りている店を見ると、コロナ禍で息切れしてしまった店舗なのかな……と気になりますね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>NO14Ruggermanさん
by ChinchikoPapa (2020-06-23 10:31) 

ChinchikoPapa

わたしの仕事関連では、20年以上前からハンコは不要ですが、唯一例外なのが税務をはじめ役所関連の書類です。個人事業者の確定申告はオンライン化されているのですから、企業の煩わしい決算業務もすべて会計事務所で代理処理できるネット申請化に移行してほしいですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ピストンさん
by ChinchikoPapa (2020-06-23 10:49) 

ChinchikoPapa

先週あたりから、街のあちこちで「氷」の小旗POPを見かけるようになりました。写真の「南無阿弥陀仏」と書いてあるビルは、仏具屋さんでしょうか。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ryo1216さん
by ChinchikoPapa (2020-06-23 10:51) 

ChinchikoPapa

「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>takaさん
by ChinchikoPapa (2020-06-23 21:52) 

ChinchikoPapa

わたしも、キー入力ならではのタッチミスや変換ミス、助詞の抜けなどを、記事のアップ後にこっそり直すことがあります。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kazgさん
by ChinchikoPapa (2020-06-24 09:55) 

ChinchikoPapa

確かに“巣ごもり”がつづき気分が沈滞していますので、なにか景気づけが必要ですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>fumikoさん
by ChinchikoPapa (2020-06-24 09:59) 

ChinchikoPapa

ようやく食べ物屋の店前がにぎやかになってきましたが、きょうも東京は感染者55名と、また逆もどりしそうな気配がします。こういうときは、テイクアウトか取り寄せで美味いもんを食べるのがいいのでしょうね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>kazukazuさん
by ChinchikoPapa (2020-06-24 16:57) 

ChinchikoPapa

こちらでも、さまざまな工事がストップ、あるいは人員を減らしての遅延工事になっていました。ただし、きょうの感染者数などを見ますと、気を許せる状況にはほど遠いようですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>hirometaiさん
by ChinchikoPapa (2020-06-24 17:26) 

ChinchikoPapa

この春、思いきってデスクトップと携帯ノートPC双方の環境で、USB3(Type-C)のマシンを追加しました。さまざまな最新デバイスが接続できて、非常に便利ですね。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>step-iwasakiさん
by ChinchikoPapa (2020-06-24 19:19) 

ChinchikoPapa

先日、撮られた写真にも写っている公園の隣りの高層ビルへ、仕事の打ち合わせで出かけました。公園全体が見下ろせて、急に園内を歩きたくなったのですが、そのあとの予定が詰まっていましたので入園をあきらめました。「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>ネオ・アッキーさん
by ChinchikoPapa (2020-06-25 10:11) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンを、ありがとうございました。>U3さん
by ChinchikoPapa (2020-07-01 11:53) 

ChinchikoPapa

わざわざ、こちらにも「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>okina-01さん
by ChinchikoPapa (2020-07-01 15:54) 

ChinchikoPapa

こちらにも、「読んだ!」ボタンをありがとうございました。>アヨアン・イゴカーさん
by ChinchikoPapa (2020-07-11 16:59) 

VintageRetro46

ChinchikoPapa さま。
初めまして。VintageRetro46と申します。趣味でFacebookやInstagramで銭湯の投稿を行っています。落合の「梅の湯」さんの訪問記を書こうと思ってネットを彷徨っていたところこちらのサイトにたどり着きました。恐縮ですが「参考文献」としてのご紹介許諾のお願いです。具体的には「ChinchikoPapa さまのブログ『落合学(落合道人 Ochiai-Dojin)ー大谷石が集積された宅地造成工事現場。 [気になる下落合]ー』参照」(URL)という体裁です。本文や画像の直接引用はいたしません。
ご理解の程、よろしくお願いいたします。
by VintageRetro46 (2021-01-26 15:10) 

ChinchikoPapa

VintageRetro46さん、 コメントをありがとうございます。
はい、どうぞ記事をお使いください。右手の煙突が「梅の湯」さんだと楽しいのですが、文中にも書きましたように下落合市場の焼却炉煙突の可能性もあります。そのあたり、適宜ご紹介いただければ幸いです。わざわざ、ありがとうございました。
by ChinchikoPapa (2021-01-26 18:43) 

VintageRetro

ChinchikoPapaさま。ご承諾ありがとうございました。ご指摘の点は十分配慮して引用させていただきます[m(_ _)m]
by VintageRetro (2021-01-27 09:57) 

VintageRetro46

ChinchikoPapaさま。過日はご承諾ありがとうございました。遅くなりましたがInstagramにあげた「梅の湯」の記事はこちらになります。https://www.instagram.com/p/CKk5_nCjsiH/?igshid=1jyzj27gklfkv
重ね重ねご配慮ありがとうございました。
by VintageRetro46 (2021-02-02 15:13) 

ChinchikoPapa

VintageRetro46さん、わざわざコメントをありがとうございます。
さっそく拝読しました。「梅の湯」さん自体は1935年(昭和10)からなのですね。古地図には、同位置に大正末から銭湯マークがありますので、ひょっとすると前銭湯から設備を「居抜き」で買収し、「梅の湯」さんが入られたのかもしれませんね。ごていねいに、ありがとうございました。
by ChinchikoPapa (2021-02-02 15:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。