SSブログ

ぬくいのんが、わし好っきやねん。 [気になる下落合]

 このところ、「カフェ杏奴」Click!に滞在をしはじめた「サエキくん」Click!に、プレゼントがあいついでいる。Tシャツのまま、下落合をスケッチしてまわっては寒いじゃないの、風邪を引いちゃうわよ・・・ということで、毛糸のマフラーを編んでくださった方がいらっしゃる。ちゃんと高級毛糸でていねいに作られた、オリジナルの手編みマフラーだ。さっそく首に巻いてもらって、サエキくんはとても喜んでいる様子。このぶんでいくと、そのうち赤いエプロンでもして、右手に錫杖でも持たせられかねないサエキくんなのだ。下落合では、いまだにサエキくん人気はとっても高いらしく、80年ぶりの下落合スケッチ散歩ということで、近隣の方たちがいろいろと気を遣って面倒みてくれているらしい。
 それから、画家には欠かせないイーゼルも、ちゃんとママさんからプレゼントされていた。イーゼルには、さっそく新『下落合風景』の1作目がすでに完成して載せられている。さすが、制作スピードClick!がやたら速いのだ。サエキくんにサブタイトルを訊いたら、「カフェ・レストラン杏奴」というのだそうだ。でも、いつかどこかで見たような作品。1928年(昭和3)の第2次渡仏時に描かれた、「カフェ・レストラン」にとてもよく似ている。でも、作品をよく観察すると、絵柄がぜんぜん違うのだ。
 
 カウンターの向こうにいるのは、パリの「カフェ・レストラン」のヒゲ面マスターなどではなくて、なんと「カフェ杏奴」のママさんなのだ。ママさんの要望もちゃんと入れられて、目鼻もクッキリ描かれていた。描かれた店内の様子も、まったく違っている。左手にはガラス張りのドアがあり、カウンターが右手へ、すなわちお店の奥へとつづいている。カウンターの上には、紅茶の缶やカップが並べられた作りつけの棚があるところも、まさに「カフェ杏奴」ならではの光景だ。テーブルに着いたお客さんの表情も違えば、食べているのもどうやらカレーライスのように見える。店内のインテリアはパリのカフェ・レストランではなく、まったく「カフェ杏奴」そのものなのだ。
 でも、80年ぶりの作品であるにもかかわらず、絵の表現やタッチが当時と少しも変わっていないのが、変化をしつづけたサエキくんらしからぬところ。80年もたった『下落合風景』なのだから、もう少し違う表現かと思った・・・と、わたしはさっそく突っこんでみたところ、サエキくんはすかさず「あのな~、なに言うてまんのや。わしの下落合風景に、こないなタッチで描いた作品は1枚もあらへんで。そやから、新しい下落合風景とちゃうのんか? そやろ?」と、あっさりかわされてしまった。
 
 
  
 あのな~、そない80年前のこと、根ほり葉ほりぎょうさん訊かんといてや。わし、それでのうても疲れとんのやさかいなあ。・・・そやけど、ママさんが暮れに風邪ひきなはってな、お店めずらしく3日間も閉めはったんやで。ほんでな、少しやけど風邪薬分けてもろうて飲んだらなあ、肺のほうがえろう楽やねん。なんや、抗生物質ゆうのんか? よう効きよるで。昭和の初めにはやなあ、こないなもんなかったんや。おかげさんでな、身体のほうはえろう調子がええのんや。肺のほうは、もうほとんど治ったみたいやで。これからは、仕事に精出せるちゅうもんやなあ。
 あのな~、それにしてもや、このマフラーぬくいなあ。どこぞのきれいなビーナスはんが、編んでくらはったんやろなあ? 「杏奴」に逢いにきてくれへんかいなあ。・・・あっ、シーーッ、ヨネコはんには内緒やで。マフラーのビーナスはんには、くれぐれもようけお礼をゆうたってな。あんじょう頼んます。わし、こんなん好っきやねん。

■写真上:手編みマフラーにご満悦のサエキくん。『下落合風景』Click!が描かれた地元・下落合では、相変わらず人気が高く愛されつづけているサエキくんなのだ。
■写真中は、第2次渡仏時に描かれた佐伯祐三『カフェ・レストラン』(1928年・昭和3)。は、サエキくんによる新『下落合風景』の1作目「カフェ・レストラン杏奴」(2006年・平成18/爆!)。
■写真下:「カフェ・レストラン杏奴」の店内。よく観ると、パリのカフェ店内とはまるで異なっている。


読んだ!(2)  コメント(16)  トラックバック(2) 

読んだ! 2

コメント 16

Nylaicanai

面白い!
いいですね、このノリは(^^ゞ
絵なんか、「杏奴」そのものです。
by Nylaicanai (2006-12-31 08:34) 

ChinchikoPapa

サエキくんだけが、いまのところ甦って出現しているようですけれど、そのうち、下落合のいろいろな絵描きたちが集まりだしたら困ってしまいますね。(^^;
ツネくんとか、ヘイゾウじいちゃんとか、シュンスケくんとか、トモヨシくんとか・・・。(爆!) いったいどのような芸術論が、カフェ杏奴で交わされるのでしょう?
by ChinchikoPapa (2006-12-31 15:59) 

悠々美術館

いつもハイレベルの内容で
勉強になります。

来年もよろしく。
by 悠々美術館 (2006-12-31 18:41) 

ChinchikoPapa

いえ、とんでもないです。目につくわたし好みの物語を、場当たり的に書いているだけですので。(^^;
こちらこそ、来年もよろしくお願いいたします。<(_ _)>
by ChinchikoPapa (2006-12-31 19:08) 

小道

シュンスケしゃんが現れたら、ストーカーします!!
来年も、よろしゅうに。
by 小道 (2006-12-31 20:56) 

Nylaicanai

残すところ、あと3時間を切ってしまいました。
今年はこちらのBlogを拝読させていただき、自分が住んでいる場所について、新たな愛着が生まれました。ありがとうございます。

来年もよろしくお願いします!
by Nylaicanai (2006-12-31 21:24) 

B茄子でした(汗)

パパさん、こんばんは。サエキくんに、プレゼントを渡して下さって、ありがとうございました。ママさんのお薬が効いて、すごく仕事が出来そう、との事とっても嬉しいです。ただ、元気になりすぎたサエキくんが、風景を描きに出掛ける時、暖かくするのを忘れないでくれると、いいのだけど。マフラーに、絵具を付けても、わたし、おこったりしないです。
来年もパパ・ログ、楽しみにしています。^^) /
by B茄子でした(汗) (2006-12-31 23:02) 

ChinchikoPapa

シュンスケくんならいいですが、金山のヘイゾウじいちゃんが現れたりすると、“ズボラ”なサエキくんは叱られっぱなしになりそうですね。(笑)
小道さん、こちらこそ来年もよろしく!
by ChinchikoPapa (2006-12-31 23:34) 

ChinchikoPapa

Nylaicanaiさん、多くのコメントをお寄せくださり、ありがとうございました。
こちらこそ、来年もどうぞよろしくお願いいたします。(^^
by ChinchikoPapa (2006-12-31 23:36) 

ChinchikoPapa

B茄子さん、サエキくんがビーナスはんのことを気にしていやはります。(笑)
今度ぜひ、「杏奴」をのぞいてあげてください。ヨネコはん以外にも、サエキくんには「ビーナス」がいたのですね。(爆!)
元気になりすぎて、肺は完治したけれどノロウィルスにやられた・・・なんてことがないよう、サエキくんに会ったらくれぐれも忠告しておきます。でも、ほんとにあのマフラーは暖かそう。
来年もよろしくお願いいたします。(^^
by ChinchikoPapa (2006-12-31 23:41) 

B茄子

サエキくん、お元気ですか。
お誕生日おめでとうございます。サエキくんのお誕生日が、今日なのか明日なのか、わたし、わからなくなっちゃったし、どっちだっていいけど、これからも下落合で、煩悩も消え去った109歳のハッピーな日々を、過ごして下さい。あの世では、もうすぐ無限感に満ちた120歳を迎える中村先生も、健康の心配もなく制作に没頭していらっしゃるのでしょ?
…サエキ君、どうしたの?そうか、中村先生のアトリエの事、心配してるんだ。たしかに…。
by B茄子 (2007-04-27 00:41) 

ChinchikoPapa

サエキくんは、とても元気です。以前の窓際の位置から、もっとママさんの近くのカウンターにスペースを作ってもらって、たいへんご機嫌です。春になったので、そろそろマフラーも外し、スケッチ三昧の日々のようですね。第2次パリ時代に、雨が降るのもかまわず写生に出かけ身体を壊したのに懲りているのか、「やっぱりな~、身体が第一なんやで」・・・と言っております。また、杏奴にとどく宅配便のお兄ちゃんをつかまえて、「郵便配達夫はどこいったんや? わしがよう着てたような菜っ葉服やのうてな、ちゃんとプルッシャンブルーの制服着んと、あかんのとちゃうやろか?」と、からんでもいるようです。
「あのな~、わしの誕生日、4月28日やさかい明日やで」・・・とも言っておりました。(笑) 中村彝先生とゴッホ先生の話になると、両腕を下げて「ハハァ~」と“気をつけ”のような姿勢になるようです。
by ChinchikoPapa (2007-04-27 19:49) 

nogu.j

密かに闇夜から~~ビーナス!♪
受けてます~ フフ~
没頭・・・心地よい響きです・・・
by nogu.j (2007-04-27 22:55) 

ChinchikoPapa

先日、サエキくんが中村彝アトリエを見たいというので、カフェ杏奴から誘い出して一緒に出かけました。なんとなく、前に一度来たことがあるような、ないような・・・曖昧な返事をしていました。そのとき、サエキくんの記念写真も、アトリエの内外でいろいろ撮影してきました。
「サエキくんの彝アトリエ訪問」なんて、“吉薗資料”も真っ青な(^^;、美術史上空前のスクープをぜひご報告したいのですのですが、サエキくんとは、彝アトリエの新宿区による保存がちゃんと本決まりになったら、「公開してもええで」という約束になっています。つまり、彝アトリエの保存が決まらないと、このスクープ記事は永久にお蔵入りとなってしまいますので、応援をよろしくお願いいたします。<(__)>
by ChinchikoPapa (2007-04-28 00:13) 

nogu.j

6月2日、目白教会で蚤の市・・・
そこでブ・ロ・マ・イ・ド?古いわね、絵葉書かな?
サエキクン&ツネさんのツーショットがあったらいいのに~~
上のほうでサエキクンが喜ぶかしら?
by nogu.j (2007-04-28 12:41) 

ChinchikoPapa

ツネさんは、なかなか現れないですね。(笑)
「サエキ」は「くん」なのに、「ツネ」は「さん」なのが、なんともこのふたりの下落合での親しまれ方、あるいは記憶が反映していて、面白いですね。サエキくんは、フラ~っとどこからか現れそうですが、ツネさんはそういうタイプではなさそうです。
「下落合風景」を描くサエキくんは、下落合での寄宿先が「杏奴」というのがピッタリですが、「目白風景」を描くツネさんは、ちょっと寄宿先のイメージが違いますね。三春堂さんあたりでしょうか。
きっと、またまたTシャツ姿で、背中にはメーヤー館の「目白の冬」がプリントされていることでしょう。・・・って、どなたかに圧力をかけてることになるのかな?(爆!)
by ChinchikoPapa (2007-04-28 15:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

トラックバックの受付は締め切りました